上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう、かなり慣れてこられた感じで、メチャクチャ楽しかったんで、初めてレポをおこしてみました。収録の前日オフで夕方6時まで寝だめされ、でもその前2日間で1時間しか寝れなくて・・・なんて言っておられますが、現場の楽しさが、とっても伝わってきました・・・


赤「それではいきましょう!KAT-TUN~」
2人「スタイル~」
赤「カトゥーンの赤西仁です」
田「田口淳之介です」
赤「はい」
田「はい。きましたねぇ」
赤「はい。失礼いたしました」
赤「全体的にすいません」
田「なんで?」
田「また(タイトルコールが)合わなかったじゃん」
赤「何が?」
田「今週一発目なのに」
赤「いいじゃん。もう合わなくても」
田「なんでよ~」
赤「オレ、お前と合わないもん」
田「オレは合わしてーんだよー!」(青春ドラマ風)
(フフフフフフ・・・)
赤「はい、こんな感じで1曲いきましょう!カトゥーンでサムライLoveアタック!」(クッツクッツクッツ。笑) サムライLoveアタック、どんだけ!
田「週またぐなぁ~。笑」

赤「カトゥーンの赤西仁とたぐ・ちでお送りしているKAT-TUNスタイル。
皆様、こんばんは。赤西仁です」(メチャクチャいい声です!)
田「田口淳之介で~す」
赤「ということで、今日はですねぇ、赤西仁と田口の近・況・報・告~」
2人「イェ~~~~」
赤「さすがにスタッフさんもエコーにはついてこれなかったということで」
田「まあ、すると思ってないしね」
赤「そうですね」
赤「どうですか?最近・・」
田「最近ですか?フツ~に近況ですか?」
赤「フツ~に」
田「う~んと、最近はですねぇ・・・ずっとゲームやってますねぇ。待ち時間も」
赤「有閑倶楽部のですか?」
赤「そこにつなげて来ましたか」
田「はい」
赤「ほんとだよね」
田「最近でもさあ、だって時間なくねぇ?自分の時間、あんまり」
田「結構、現場にいる時間の方が多くない?」
赤「そうだね。・・・そうだね」
田「昨日何やってた?」
赤「昨日は、僕オフでした」
田「いいな~。なんか行った?どっか行った?」
赤「行ってない(笑)。マジで、もう夕方6時まで寝てた
田「あ~、寝だめだ!」
赤「うぉん。」
赤「2日間で1時間しか寝てなかったから」
田「うぉん。移動中に寝れたでしょ?少しは・・・」
赤「移動中に寝てもさぁ」
田「移動中に寝ると首ちょ~痛くなんない?」
赤「オレ、移動中あんまり寝れないんだよ。脳ミソ起きてんの」
田「深い眠りには入ってないの?」
赤「入ってないの」
田「それ、体勢が体勢だからね。座りながらだから。横にならないと疲れとれないっていうしね」
赤「だね」
田「うぉん」
赤「そうなんですよ」

赤「話は戻りますが有閑倶楽部の現場」
田「横山君がやっぱり面白いですね~」
赤「面白いね~」
田「ほんとに面白いですね~」
赤「ええ。 やっぱ」(この「ええ」がいいですわ~)
田「横山君は、なんか・・・」
赤「さすがですね」
田「う~ん」
赤「結構なんか6人で結構いる事が
田「多いですよね~」
赤「現場も多くて」
田「スタジオの前でみんなで話したりとか」
赤「うん」
田「しますしね」
赤「あい(はい)」
「香椎さんですよ」
田「香椎さんね」
赤「一番大人っぽいっていうか」
田「香椎さん、一番年下なんだよ」
赤「知ってる」
田「うん」
赤「最初はね。やっぱ上辺だけの付き合いだったんですけど(田口。笑)、今も多少そうなのかもしれないんですけど」
田「いやいやいや」
赤「だんだんね、田口くんが香椎さんの壁をぶち壊してきてる」
田「フッフッフッ」
田「ま、そんでも、たまには、そういうBreak the Wall的な?」
赤「何?」
田「壁壊すみたいなさ」
赤「なんつった?」
田「Break the Wall?みたいなね」
赤「なんか、有閑倶楽部打ち切りになりそうな・・」
田「ハッツハッツハッツ」
田「なんで?そんなひと言で?」
赤「ええ」

田「まあでもね~、明日もう放送ですよ!」
赤「そうですね」
田「明日の視聴率の目標は何パーセントぐらいですかね?」
赤「まあまあ、40行けば無難」
田「40行けば無難?そうですよね~」
田「まあやっぱり、第1話見た子たちが、「ねえねえ、ほんとちょ~おもしろいからぁ、もうあしたほうそうだからみなよ~」って言って2%増えますよ!」
赤「なんでギャルの設定なんですか?」
田「イヤイヤイヤ」
赤「まあ、どんどんどんどんね。上っていけば・・・ええ」
田「そうですね。まあ40%行けばいいですかね?」
赤「そうですね」
田「納得行きます?」
「ま、数字は気にしてないですけどぉ、まあ、どんどんどんどん後輩が増えてきている中、がんばんないとね!」
田「そうですね」
赤「Hey Say ジャンプもデビューしましたし」
田「若手がね。どんどん来るわけですから」
赤「こういう話をしていたらね、知念君がさあ明日かな、明日放送のゲストとして、Hey Say ジャンプの」
田「はい」
赤「で、なんか横山君が、今のうちに知念君に媚売っとこうかな?と」
2人「フフフフフフ・・・エヘエヘエヘ」
田「弱え~先輩だな~」
赤「さっきの演技よかったっすよ~!って(笑)」(このヨコのマネ、うまいです~)
2人「ハッツハッツハッツハッツハッツ・・・」
田「それも明日見てもらおうかな」
「楽しいですよね!現場ね」
田「うん。ぜひ、お見逃しなくということで」
赤「そですね。近況はこんな感じでした!」

うわ~、これやるの大変ですわ(苦笑)。これでも、オープニングとエンディングないのですが、毎日文字をおこされてる方、マジ尊敬します~。
「頑張んないとね!」とか、「楽しいですよね!現場ね」とか本人の口から聞けて、なんともうれしゅうございました・・・

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。