上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は、ナッカムのページでテンションでしたが、今日が低いわけではなく、これが普通なんですよね(苦笑)。
先日、2月いっぱいの映画の招待券を使わなくっちゃと、『愛の流刑地』を見てきました(松潤のでもよかったのですが、時間があわずにこちらを。笑)。
映画は好きなのですが、最近は暇なら某氏のDVD・・・という感じなので(汗;)久々の映画館でした。
この話は新聞で時たま読んでたので、話のついでに見てみようかな?という感じでした。

良かった点
・トヨエツも寺島しのぶも体が細くて綺麗。トヨエツは、全く贅肉もなく、顔より体の方が若かった(爆)。
・原作のストーリーが簡単だからだと思うのですが(爆)、日本映画によくあるストーリーの破綻はなかったです(笑)。

イマイチだった点
・見所?の男女の絡みのシーンが量的には適度だと思いましたが、ただ動いているだけで(汗;)全くドキドキしない!anegoとアッキーのベッドでのシーンの方が、断然上でした(爆)。あれじゃあ、妄想する気にもならないですわ(苦笑)。
・映画評で90点とかつけてる人がいたのですが、残念ながら私は、見た後何も残らなかったです。やはり、連載中もツッコミまくられてた原作のストーリーに問題があるのでは・・・と(爆)。
・カメオ出演みたいな脇役が豪華すぎて、佐藤浩一なんかが刑事で出てきた時には、こっちを主人公で見たかったよ~なんて思っちゃいました(苦笑)。

そんな所です。画面はキレイでしたが、誰に感情移入できるわけでもなく(汗;)、ま70点ぐらいかなって感じです。
どんなんでもいいんで、泣けるような洋画見たいな!

Secret

TrackBackURL
→http://jinmo.blog58.fc2.com/tb.php/509-6c6c5e2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。