上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日経エンタの後の方に『ロート製薬「OXY」KAT-TUNを起用して男性の共感を』という記事があるのですが、赤西・田中を起用した電通の稲垣修氏の言葉がうれしいです。どっちかというと赤西くんは、わがまま・自己中と問題児?扱いされる事もあるんで、褒められた記事は自分の記録のためにも残しておきます!(笑)

CMは3バージョンあるが、撮影は1日で完了。これも現場勘に優れた2人のおかげと、稲垣氏は赤西・田中をベタ褒めする。
「分単位のスケジュールでスタッフがピリピリしている中、彼らは率先して現場の雰囲気づくりもしてくれた。そんな裏話一つとっても同年代のアイドルとは異質。どこまで大きくなるのか、これからの活躍が本当に楽しみな存在。彼らと一緒に『OXY』も育ってくれたらうれしいです」


これは、本当に嬉しいです!聖くんは、間違いなくいい人だと思うんでアレですが(あ、ドラマ、ながらですが見ました!)、赤西くんもanegoの時とかも、スタッフや共演者の方にもかわいがってもらってる感じでしたし、先輩の役者さんに対してリスペクトする言葉も述べてたりで、やるべき時はしっかりやるタイプだと安心はしていたのですが、こうして大勢のスターに会われてる方に言ってもらうとやっぱりね・・・。あと、赤西・田中の2人のキャラクターを、

「例えるなら、ドラマ『傷だらけの天使』のような男の関係。赤西さんが硬派な萩原健一さん、田中さんが弾けたキャラの水谷豊さんというイメージです。若くて"がさつ”だけど、勢いのある世界観を大切にしたかった。・・・」

と例えてあります。萩原健一にしては、キュートすぎますが・・・(笑)。


Secret

TrackBackURL
→http://jinmo.blog58.fc2.com/tb.php/39-3a30ec7c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。